假屋崎省吾プロデュース骨壷 八重と鬱金 / やえとうこん 7寸・6寸

現在、葬送の多様化により室内墓や納骨堂、永代供養墓などが一般化しました。故人のお参りに行きお骨壷の前で手を合わせたときに白いお骨壷では少し寂しいというお気持ちを良く聞きます。このたび華道家の假屋崎省吾氏のプロデュースの元お骨壷ができあがりました。お骨壷に花を生ける。華道家の氏假屋崎氏らしく今までになかった発想のお骨壷です。手を合わせたときに目の前にいっぱいの華がある。故人への想いと共にご家族の皆様に安らぎの心をお届けできればと願っております。

鬱金桜の花言葉は【こころの平安】見た目の美しさではなく、内面の美しさを形容するところは、大和撫子といわれる日本の女性を象徴しています。春の花曇りをグラデーションで表し、八重桜と鬱金桜のコントラストが春の原風景の移り変わる様を印象付けます。優しい日本人らしい情緒を表現した假屋崎流の繊細さがある作品です。

¥ 102,600

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • ヤマト宅急便

    ヤマトが提供する定番の配送方法です。荷物追跡に対応しています。

    全国一律 756円

※10,000円以上のご注文で送料が無料になります。

通報する